Q17: 桜などに多い病害虫を教えてください。 [2000/11/30緑の相談室]

A17:てんぐす病と呼ばれる病気が多いです。
  てんぐす病とは、ほうきのように無数の枝がでる病気です。
  予防方法は冬の間に1~2回、ダイセンや銅水和剤、石灰硫黄合剤などを散布しておきます。
治療方法は、枝のつけ根から取り除き、癒合剤を塗っておきます。

Posted in: 病害虫について