Q38: 一般の会社員です。 樹木診断士になるためには、どうすればよいか教えてください。 7年以上の実務経験が要る。とは聞いてます。 また、樹木に関しては興味があるだけで、経験も何もございません [2001/6/13S]

A38:樹木診断士とは環境保全協会(東京都渋谷区)が認定した資格ですが、現在の団体の有無が確認できませんでしたので、(財)日本緑化センターで認定試験を実施している、樹木医についてお知らせします。
樹木医の試験を受けるためには、やはり7年間の実務経験が必要なようです。
樹木診断、治療のエキスパートとして樹木を扱う業者等の相談を受けたりする立場で、一般造園業者が取得する造園施工管理技士のような国家資格とは性格を異にしています。
また、日本樹木医会岩手県支部長の神山安生(かみやまやすお)氏には「緑の相談室」の顧問をしていただいております。

資格取得のためには7年後の受験を目指して、実務経験を積まれるほかないようです。
しかし、樹木医になるために、造園業や林業関係の職に就くというのも、本末転倒な気がします。樹に関する仕事をしたいからこそ、そのような職業に就き、そのステップアップとして樹木医資格というものがあるのだと思います。

現在別のお仕事をされて、樹木に興味があり、知識を趣味として深めていきたいという目的であれば通信教育等で勉強なさるのもよろしいかと思います。

Posted in: 樹木について