Q61: ケヤキの葉にもちが膨らんだような丸いおできのようなものが、ほとんどの葉についています。 はさみできってみると、小さい白い虫が一匹ずつはいっています。何が原因でしょうか?それと、予防はどのように したらよいのでしょうか?教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。 [2001/11/5I]

A61:ケヤキの葉にこぶが出来ているのは、オカボノクロアブラムシかケヤキフシアブラムシが寄生している為だと思います。
上記の害虫は、10月ころ枝に産卵し、4月ころ孵化した後、若葉に寄生するので、本来ならば冬のうちに石灰硫黄合剤を散布し防除します。
このアブラムシの被害によって枯死することはほとんどありません。
また、葉の中に寄生してしまった後に薬の散布を行っても効果はあまりないようですので、冬まで待って散布するのが良いと思います。

Posted in: 病害虫について